スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボ初心者は初日でどこまで滑れる?


スノボに初めていく初心者さんは、初日の練習でどこまで滑れるようになるものか?というのは気になるところだと思います。
 
 
up-chrobry-1163459_640
 
 
ターンはできるようになるのか?木の葉のように滑り降りるところまではできるのか?というように、自分はどこまで出来るようになるのか気になりますよね。
 
 
一緒に複数人で練習を始めると人によって個人差はありますが、初心者さんで初日であればここまで滑れば合格!というある程度のボーダーラインはあると思います。
 
ここでは、初心者さんがスノボ初日で目指したいところはどこか?について考えていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


1日目での目標。

初心者さんであれば、1日目での目標は木の葉で滑れるようになるところまで目指せば良いと思います。
 
 
snowboarding-1081887_1280
 
 
男性で運動神経が良い方であれば、ターンが出来るようになることもありますがまだ不安定で、何度も連続してターンしながら滑れるようになるまでは結構な練習が必要だと思います。
 
 
私(女性)が初めてスノボを練習し始めたときには、1日目では木の葉で滑り降りることが出来るようになるところまででした。そのあと、スピードに慣れていき、腰が引けずにターンができるようになったのは2日目以降でした。
 
 
また、初心者の友達も含めたグループでスノボに行くこともあり、初心者の子の様子を見ていますが、女性であれば初日では木の葉まで、というのが多いと感じます。
 
男性で早ければターンの練習を始めるといったイメージです。
 
 
 
 
スポンサーリンク


スクールに入った方が良い?

france-264225_640
 
 
初心者さんで上達するかしないかを決めるポイントとして、もともと持っているバランス感覚や運動能力もあると思いますが、誰にどうやって教わるか?ということもとても重要となります。
 
早く上手くなることも良いことだと思いますが、それだけではなく基本をちゃんとマスターした上で段階的に次のステップに進んで行くことも大切です。
 
 
スクールに入ることで良いこととしては、スノボを教えるプロに基本から教わることができるという点です。プロにきちんと教えてもらうことができるので、その分上達も早くなると思います。
 
必ずしもスクールに入る必要はないのですが、早く上達したいと思うのであればスクールで教えてもらうのもいいと思います。
 
 
 
 
 

まとめ。

スノボは始めの内は転んで痛くて…つらいと思うことも多いかもしれませんが、上達してきたらどんどん楽しくなってくると思います。練習を重ねることで滑ることができるようになってきますので、めげずに頑張ってみてください。
 
スノボ旅行を楽しんできてくださいね。
 

 - ゲレンデでの注意