スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

春スキー・スノボで使えるおすすめの服装やアイテム。パーカーやサングラスでおしゃれに着こなす。


春スキーは気候がおだやかなので、真冬のゲレンデよりもおしゃれに着こなすことができる季節です!
 
ここでは、春スキーで使えるおすすめのアイテムをご紹介していきますね。
 
 
春スキーって、真冬のゲレンデとは違って気温が高いのでがっつりと着込んで、真冬と同じ服装で行くと暑いと感じると思います。
 
気温の変化にも柔軟に対応ができる服装を準備していった方が良いですよ。
 
 
春スキーの服装の選び方については、こちらでも書いていますので、合わせて参考にしてください。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


パーカー

春スキーではパーカーをおしゃれに着こなしているスノーボーダーがとっても多いんです。
 
パーカーを選ぶ時には、ジャストサイズよりも少し丈の長いスタイルがかっこいいですよ。
 
また、パーカーは冬にもスノボウェアのインナーとして活用できますので、1枚持っていて間違いないアイテムです。
 
 
 
 



スポンサーリンク


 フード付きジャケット

フード付きのジャケットは、春スキーではおしゃれ度アップで着こなせるアイテムです。
 
 
私が愛用しているのは、BURNSTREET(バーンストリート)のジャケットです。BURNSTREETは韓国発のブランドですが、おしゃれな小物で人気が高くなっています。
 
 
冬にはウェアのインナーとしても使えるアイテムです。
 
 

 

 

 
 
 
 

ロンT

春スキーのインナーとして使えるアイテムです。春スキーのインナーは、汗をかくことも考えて吸水性と速乾性のある素材がいいです。
 
おしゃれなロンTを着込んでおけば、暑い時にアウターを脱いで調整ができるので、おすすめですよ。
 
天候が良いと開放感があるので、ティシャツのみで滑りたくなるかと思いますが、あまり露出の多い服装だと怪我をする恐れがあるので、ロンTなどを重ね着すると良いですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 

サングラス

春スキーであれば、サングラスはおしゃれアイテムのひとつですね。サングラスは紫外線カットのものを選ぶようにしてください。
 
ゴーグルだと暑苦しいけど、何もつけないのもまぶしい。そんな時にはサングラスの使用がおすすめです。
 
 
でも、あまり慣れていない初心者さんでは、転倒の際にサングラスが取れてしまったり、衝突した時に破損してしまい危険だということがあるので、ゴーグルの方が良いかもしれないですね。
 
ゴーグルもサングラスもどちらも無しで滑るのは、目に悪いのでやめた方が良いです。
 
 
ネフのサングラスはおすすめです。
 
 
 
 
 
 
 

帽子、キャップ

厚手のニット帽が暑い場合には、サングラスと合わせてキャップをかぶるのも良いかと思います。
 
ゴーグルを着用する場合には、キャップだとつばが邪魔になってしまうことも考えられるので、気をつけてください。
 
キャップはつばの大きいものであれば、日焼けの防止にも役立ちます。
 
 
ニューエラのキャップはゲレンデでもよく見ますね。
 
 

 

 

 
 
 
 
 

フェイスマスク

日焼けの防止としては、フェイスマスクが使えます。薄手の生地ものであれば、暑いと感じることもないのでおすすめです。
 
ゴーグルやサングラスと合わせて着用することで、日焼けを防ぐことができます。
 
 
薄手のフェイスマスクは、真冬でもネックウォーマーと合わせると寒さを感じることなく使えるアイテムです。また、真冬のゲレンデでも晴れている日であれば暑いので、薄手のフェイスマスクは使えます。
 
 
 
 
 
 

まとめ

春スキーに使えるアイテムは、真冬のゲレンデでも活用できるものなので、持っていても損はないものばかりです。
 
春スキーでは、真冬のゲレンデではできないようなおしゃれな着こなしを楽しんでくださいね♪
 

 - スノボグッズ, 春スキー・スノボ