スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボをするときにおすすめの靴下は?重ねばきは良いの?


スノーボードをするときの服装は、スノボウェアをどうしようか?ということや、ニット帽はどんなデザインにしようか?インナーには何を着ようか?ということなど、服装に関しては考えなければならないことは多いと思います。
 
 
その中でも、意外と忘れてはいけないのが、スノボのをするときの「靴下」です。
 
 
 
 
 
「靴下なんて普段履いているものを適当に持っていけば良いや」、と思われがちですがゲレンデで快適に過ごすためには、靴下選びは結構重要です。
 
 
ここでは、スノボをする際の靴下の選び方と、快適に過ごすためにおすすめの靴下についてご紹介します。
 
 
 
 
 
 


靴下の選び方は?

まず、スノボをするときの靴下の選び方についてです。
 

靴下の長さ。

靴下の長さについては、ふくらはぎを覆えるぐらいの膝下くらいの長さが理想です。
 
スポーツ用のソックスとして、くるぶしまでの長さの靴下がありますが、短すぎるのでスノボにはおすすめできません。
 
 
スノボをするときにはブーツを履きますが、靴下が短すぎるとブーツの内側が足にあたってしまい靴ずれになってしまうこともあります。
 
 
 
 

靴下の分厚さ。

靴下の分厚さについては、あまり薄すぎないものを選ぶようにしてください。
 
 
薄すぎる靴下だと、足の先が冷えてしまって寒い(というか、冷たくて痛い)思いをします。
 
また、靴下が分厚い方がブーツを履いた時にブーツにフィットしやすいです。ブーツとのフィット感がないと、滑っている時にブーツの中で足が動いてしまい、靴ずれを起こしてしまうこともあります。
 
 
滑っている中では、ターンの際やスピードを落とす際に足に力を入れます。ブーツの中で足が動いてしまうと上手く板が操作できないこともあるので、靴下とブーツのフィット感は重要です。
 
特にレンタルのブーツを考えている人は、ブーツがピッタリと足に合っていない可能性がありますので、靴下は重要になります。レンタルのブーツはブーツの紐をきつく締めにくいものも多いです。
 
 
 
 
 
 


靴下の重ねばきは?

分厚い靴下を持っていないということで、靴下を2枚重ねて履くということを考えられる人もいるかと思います。
 
 
ただ、靴下の重ねばきはおすすめしません。
 
重ねばきをすることで、靴下同士が擦れてしまって、足が痛くなってしまうこともあるので、できる限り分厚い靴下を選ぶようにした方が良いです。
 
 
 
 
 
 

おすすめの靴下。

ここからは、スノボをする際におすすめの靴下をご紹介します。
 
靴下はウェアの中に履いているので、あまり目立たない部分ではありますが、機能性やデザイン性にも優れているものが多くあります。
 
 

 BURTON(バートン)

 

 

 

 

 

ebs(エビス)

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーボード ソックス 17-18 EBs【エビス】VALUE-WARM&WARM/BASIC【WIN-P】
価格:2527円(税込、送料別) (2018/2/18時点)

 

 

靴下選びの参考にしてみてください。


 

 

【追記】スノボグッズが欲しいけどお金が無い…

そんなあなたにちょっとしたお小遣い稼ぎをご紹介します。

 

今話題の仮想通貨関連のお得なキャンペーンの情報を入手しました。メールアドレスを登録するだけで現金1万円がもらえるというものです。(メアド登録するだけなので、こんなお得なキャンペーンは今までにないと思います)

1万円あればちょっとはいいスノボグッズが買えるかと思います。早速、私も登録して1万円ゲットしました。

詳細は下記にて↓

▼以下の画像をクリック▼

是非是非、活用してみてくださいね。

 

 - スノボグッズ, スノボ小物