スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボウェアのパンツの下に何を履く?タイツなどおすすめのインナーについて。


スノボをするときの服装で、スノボウェアのパンツの下に何を履こうか?ということは悩むところだと思います。
 
 
 
スキー場は気温が低いですが、滑っている中ではウェアの中で体温が上がって、汗をかいてしまうこともあるので、インナーには吸汗性、速乾性に優れたものを履いておくのが理想です。そして、寒さを防ぐためには保温性に優れたものが良いです。
 
とはいえ、あまり分厚いものを選んでしまうとごわごわしてしまって、動きにくくなってしまうということもあります。
 
 
ここでは、スノボウェアのパンツの中には何を履くのか?ということについて、おすすめのインナーをご紹介していきます。
 
 
 
 


インナーの選び方。

まず、スノボウェアの中のインナーを選ぶ際に気をつけておきたいポイントは、吸水性、速乾性、保温性があるかどうかということです。
 
 
スノボは汗をかく激しいスポーツなので、汗が冷えて体を冷やしてしまわないように、インナーの機能はとても重要となります。
 
たまに、素肌に直接スノボウェアのパンツを履いているという人を見かけますが、寒いと感じると思うので、インナーは必ず身に着けるようにしたほうが良いです。
 
 
とはいえ、下半身のインナーとして着用するものとしては、上半身に比べるとそこまで汗はかかないと思うので、保温性があるかどうかと動きやすいかどうかを重視して選ぶと良いと思います。特に女性はお腹周りは冷やさないようにしたほうが良いので、保温性のあるものを重視して選ぶようにしましょう。
 
 
 
 
 


おすすめのインナー。

スノボウェアのパンツの中に履くインナーとしておすすめのものをご紹介します。
 

機能性タイツ。

まずは、機能性の高いタイツがおすすめです。タイツは肌に密着しているので保温性が高く、伸縮性があるので動きやすいところがおすすめのポイントです。
 
 
 

 

 

 

 
 
機能性タイツを持っていないという場合には、女性は普段履いているタイツで代用しても良いと思います。タイツの上に分厚い靴下を履いて、ブーツを履くようにしてください。
 
 
スノボウェアのパンツは、だぼっとしたシルエットになっているものが多いと思いますので、多少分厚いタイツを履いていても着膨れすることや、動きにくくなってしまうことはないと思います。
 
 
 

スウェット、ジャージ。

タイツだけでは寒いと感じるのであれば、スウェットやジャージをウェアの下に履いても良いです。
 
ただ、スウェットやジャージを着用すると生地が分厚くなるので、ごわごわとして動きにくいと感じることもあると思います。
 
 
ある程度の機能性に優れたスノボウェアを着用しているのであれば、ウェアの下に履くのはタイツで十分だと思います。もし、レンタルのウェアを借りるのであれば、レンタルウェアは生地が薄くて寒いこともあるので、スウェットやジャージを着て保温性をカバーすると良いです。
 
 
 
 

プロテクターを着用する。

スノボ初心者であれば、はじめのうちは何度も転んでしまうと思います。転んだときの衝撃を緩和するために、ひざやおしりを保護するこができるプロテクターを着用することをおすすめします。
 
雪面は圧雪された状態ではとても固いので、勢い強く転んだ場合にはひざやおしりに衝撃があり強い痛みを感じます。強打した場合には、青あざが多数出来てしまうこともあるので、怪我を予防するためにもプロテクターがあれば安心です。
 
 
・男性用プロテクター
 

 

 

 
 
・女性用プロテクター
 

 

 

 
事前の準備をしっかりとして、スノボ旅行を楽しんできてくださいね。
 

 - スノボウェア, スノボグッズ