スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

雪焼けはなかなか治らない!スノボでの日焼け対策と、焼けてしまった後のスキンケア方法について。


スノボをがっつり楽しんだ後に鏡を見ると…
あれ?!顔が黒い!
 
なんてことになったら、ショックですよね。日焼けしてしまったお肌は元に戻すのに時間がかかります。
 
また、ゲレンデでの日焼けって夏の日焼けとは少し違って、きれいな黒さではないので、女性だけでなく、男性で美白を意識していない人でも注意が必要ですよ。
 
冬には日焼けをあまり意識しない人が多いですが、ゲレンデは別です!ゴーグルの形に焼けてしまった!なんてこともあり、あまりカッコ良いものではありませんよね。
 
 
ここでは、
冬のゲレンデで気をつけたい日焼け対策とその後のスキンケアについてご紹介します。
 
 
 
スポンサーリンク


日焼け止め

slope-547567_1280
 
 
まず、オーソドックスな予防法としては、
日焼け止めクリームを使用する方法があります。
 
ゲレンデでの日差しは、晴れている日は特に紫外線が強いので強力な日焼け止めクリームを使用することをおすすめします。夏に海に行く際に使用するような、ウォータープルーフで汗にも強いタイプが良いですよ。
 
 
日焼け止めは、しばらくすると取れてしまうこともあるので、休憩のたびに何度か塗り直してください。
 
 
特にゲレンデでは、ゴーグルやフェイスマスク、ネックウォーマーで防ぎきれない鼻周りが焼けてしまうことが多いので、重点的にケアをするようにして下さいね。そして、ニット帽で隠れていればいいのですが、隠れていない場合にはも意外と焼けやすいので注意です。
 
 
 
スポンサーリンク


紫外線(UV)カットのリップクリーム

ゲレンデは乾燥しやすいので、リップクリームも必須です。リップクリームは紫外線(UV)カットのものを利用すると良いです。
 
 
油分の入っている口紅は、日焼け止めとしては逆効果となるので利用しないようにしてくださいね。口紅はウェアやフェイスマスクについてしまって汚してしまうこともあるので、スノボの際にはおすすめできないです。
 
 
ゲレンデに行ったら唇がカサカサ…なんてことにならないように、ちゃんとケアをしましよう。リップクリームを忘れてしまうと、「唇が切れてしまって痛い。」というぐらいまで乾燥することもありますよ。
 
 
 

フェイスマスク

日焼け止めだけでは、汗や雪で取れてしまうこともあるので、フェイスマスクで顔を覆うようにして日焼けの予防をしましょう。
 
フェイスマスクで顔を覆ってしまうと、息苦しいと思われそうですが、鼻と耳にひっかけて装着し、口の周りには邪魔にならないようにすれば平気ですよ。
 
 
また、明らかに晴れている日であれば、
もこもことしたものではなく、バンダナタイプの薄手のフェイスマスクの方が快適に過ごせます。
 
 
 

ゴーグル

フェイスマスクだけではなく、
ゴーグルでも日差しをカットすることができます。
 
ゴーグルの中にも種類がありますが、紫外線(UV)カットに対応しているものを選ぶようにして下さい。ゴーグルには日焼けの防止と、目を紫外線から守る役割があります。
 
ゲレンデの日差しを甘く見てはいけませんよ。日差しに目の粘膜がやられてしまうと、「雪目」といって目が開けられないくらい痛くなってしまうこともあります。
 
紫外線(UV)カットができるゴーグルを使用し、ゴーグルはおでこではなく、ちゃんと目を守るように装着しましょうね。たまに、ゲレンデでゴーグルを装着せずにおでこのところにあげている人を見かけます。
 
 
 

日焼け後のケア

入念に日焼け止めをしていても、スノボに夢中になってしまって、気づいたら焼けていた!なんてこともあるかと思います。

 

そんな時には、日焼け後のケアをしっかりとしましょう。日焼けした部分が赤くなっている場合には、冷たいタオルなどで冷やしておくと良いです。

 

また、パックや美容効果のある化粧水でスキンケアをしてください。保湿も忘れずにして下さいね。

 

fruits-82524_1280

日焼けした肌には、ビタミンCを摂取するのも効果的です。ビタミンCはフルーツなどに多く含まれています。もしくは、ビタミンCのサプリは、薬局などで安くで購入ができるので、サプリメントを摂取するのも良いかと思います。

 

ゲレンデの日差しを甘く見ることなく、しっかりと事前と事後のケアをしてくださいね。

 


 - ゲレンデでの注意, スノボグッズ