スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボの時にマフラーをしないほうが良い理由。


スノボの準備をしていると、ネックウォーマーがない!ということもあるかと思います。
 
そんな時、防寒具としてマフラーを持っているのであれば、代わりにマフラーでもいいかな。と思いませんか?でも、スキーやスノボをするときにはマフラーはあまりおすすめできません。
 
winter-clothes-62309_1280
 
ここでは、スノボのときにマフラーをしない方がいい理由についてお伝えします。
 
 
スポンサーリンク


マフラーは危険。

eff5e368424e27ff9cf9c5f11a6324c1_s
 
 
ここではマフラーとは、普段の生活の中で使用している、ウールやニットやファー素材の、ある程度の長さのある首に巻くタイプのマフラーを指しているという前提でお伝えします。
 
 
長いマフラーを首に巻いてスノボをすると、リフトから降りる際にひっかかったり、滑っている時に、他人にひっかかってしまった場合にとても危険です。スノボは娯楽的な楽しみのイメージが強いですが、実はけっこう危険なスポーツなので命に関わる怪我につながることもあります。
 
 
長いマフラーをコンパクトにまとめて巻くこともできるかもしれませんが、動いているうちにずれてきて取れてしまうこともあります。スノボはハードなスポーツであることを忘れないようにしてください。
 
 
 
スポンサーリンク


マフラーが傷んでしまう。

winter-995356_1280
 
マフラーをネックウォーマーやフェイスマスク代わりに利用すると、雪や雨で濡れてしまって傷んでしまうことがあります。ウールやファーの素材は水に強くないため、素材の質感が変わってしまって、普段の生活の中で使えないものになってしまいます。
 
 
また、スノボの雪山は寒いので鼻水がでることもあり、マフラーが汚れてしまうことも考えられます。汚れてしまうことも考えると、ネックウォーマーやフェイスマスクの素材は、洗濯が可能なものが望ましいです。特にフェイスマスクは顔の周辺に装着するものなので、洗濯をしないでいると臭いが気になってしまいます。

 
防寒用で普段利用するようなマフラーではなく、スポーツ用のネックウォーマーやフェイスマスクを使用してくださいね。
 
 
 
 

初心者感がでる。

街中でのマフラーはおしゃれですが、ゲレンデでスノボウェアにマフラーは、ファッションとしては少しダサいです。
 
上級者がマフラーを巻いて滑るということはないので、マフラーをしていると初心者でスノボのことを何も知らない、ということが丸わかりになってしまいます。
 
 
ネックウォーマーやフェイスマスクは防寒だけではなく日焼けの防止の観点でも役に立ちます。1枚持っておけばとても便利なので、用意しておくことをおすすめします。
 
もし事前に準備ができないのであれば、ゲレンデにある売店でも購入することができます。価格は1500円から3000円ほどで売られています。
 
 
 
 

まとめ

スノボは危険なスポーツであることを忘れずに、事前の準備をしっかりとしていきましょう。
 
最近では、ファッション性に優れた、女性向けには可愛い、男性向けにはかっこいいネックウォーマーやフェイスマスクが販売されています。スノボウェアと合わせてコーディネートするのも楽しいですよ。
 
準備を万全にして、スノボを楽しんできてくださいね♪
 

 - スノボ小物