スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

雨や雪のスノボでも可愛い髪型。髪を傷めないためにも注意が必要です。


楽しみなスノボ旅行♪でも、天気が良くなさそう。
 
そんな時、ゲレンデにどんな髪型で行こうか、迷いますよね。
 
雨や雪の日には、髪が濡れてしまうだけではなく、
濡れた髪が凍ってしまい傷んでしまうこともあるので、注意が必要です。
 
 
girl-690614_1280
 
ここでは、
雨や雪の日におすすめのゲレンデでの髪型をご紹介します。
 
 
 
スポンサーリンク


雨や雪の日に注意すること

IMG_8376
 
 
天気の良い日は、ゲレンデの紫外線や乾燥で髪が傷んでしまうことは想像がしやすいかと思います。でも、雨や雪の日でも髪が凍って傷んでしまうことがあるんです。
 
 
ゲレンデでは、特に山頂は寒くなっていて、気温はマイナスなことが多いです。濡れた髪をそのままにしてしまうと凍ってしまい、からまったり、切れてしまったりする原因になってしまいます。
 
 
雨や雪の日のゲレンデでは、髪を守って傷めないようにするための注意が必要です。
 
 
また、雨や雪の日にはゲレンデでの視界が悪くなってしまうことがあります。髪で視界を遮ってしまわないように、できるだけ髪はまとめておくと良いです。
 
 
 
スポンサーリンク


おすすめの可愛い髪型

①三つ編みにしてニット帽の中に

髪が長いのであれば、ツインテールを三つ編みにしてニット帽の中に入れてしまうと良いです。
 
三つ編みにしているので、外に出しておいても良いのですが、雨や雪が強い場合には、髪がニット帽の外に出ていると濡れてしまって凍ることがあるので、できるだけニット帽の中に収納しておくことをおすすめします。
 
 
三つ編みにしておけば、まとまりが良くなるのでニット帽の中に収納しやすいですよ。また、ニット帽を取った時にも乱れにくいです。
 
 
あまりタイトすぎる三つ編みではなく、ゆるっと編み込んで行くのが可愛いです♪
 

②後ろで一つにまとめる

髪を後ろで一つにまとめておくのもおすすめです。
髪をひとつにまとめる際には、顔回りの毛はタイトにまとめすぎずに、ルーズにニット帽の外へ出せるようにしておいた方が可愛いですし、小顔効果も期待できますよ。
 
まとめておくと、滑るときにも邪魔にならないのでおすすめです。
 
髪を一つにまとめて、ニット帽の中に収納するのも良いです。でも、ロングヘアーで髪の量が多い場合には、ニット帽の中に収納できないこともあるかもしれません。
 
また、あまり高い位置にまとめるとゴーグルをつける際に邪魔になってしまうこともあります。
 

③低めのおだんご

顔の両サイドに2つか、後ろに1つ、低めのお団子にして髪をまとめておくのも可愛くておすすめです。
 
髪をコンパクトにまとめられるので、
外気に触れる面積が少なくなり、傷みを軽減することができます。
 
 
お団子にする際には、ヘアピンを使わないように注意してくださいね。ヘアピンを使うと、転んだ時に刺さってしまう恐れがあるので危険です。
 
 
 

事前・事後のヘアケアも大切

ゲレンデでの乾燥や寒さから髪を守るためには、
事前に洗い流さないトリートメントや、ヘアオイルで髪を保護しておくと良いです。
 
また、ゲレンデで遊んだあとは、
お風呂でしっかりとトリートメントをして、髪をケアしてくださいね。
 
 
残念なお天気の日でも、可愛い髪型にアレンジしてゲレンデを楽しんでください♪
 

 - スノボファッション