スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボ用品の相場は?どれから購入すべき?最低限揃えておきたいものは?


これからスノボを始めようとしている初心者さんは、まずはどのスノボ用品から揃えればいいのか?全部でいくらぐらいかかるのか?というのは気になるポイントではないでしょうか。
 
スノボは雪山でのスポーツなので、必要なグッズはとても多いです。そして、全てのグッズを良いもので揃えようとすると、とても高額な費用がかかってしまいます。
 
snowboarding-1734841_640
 
 
スノボで必要な道具は、板、ビンディング、ブーツ、ウェア上下、ビーニー(ニット帽)、ゴーグル、フェイスマスク(ネックウォーマー)、グローブ、インナー、プロテクター(ケツパッド)…などがあります。他にも小物としてパスケースやスポーツ用のソックスなど、揃え始めると結構な用具がいると感じるのではないかと思います。
 
 
これらのスノボグッズは、はじめから全てを揃えるのは難しいと思うので、徐々に揃えていくことになると思います。はじめはレンタルで済ませることも必要となりますが、とはいえレンタルで対応できる範囲にも限りがあります。
 
 
 
ここでは、スノボ用品の相場はそれぞれいくらぐらいか?最低限必要なものは何か?について考えていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


それぞれの予算感。

まず、スノボグッズのそれぞれの相場についてご紹介します。スノボグッズはピンからキリまであります。高いもので揃えようと思うと予算オーバーになってしまうと思いますし、ノーブランドの安いグッズもたくさんあります。ここでは、平均的な金額や最低限ここまでは投資しておきたい、という金額についてお伝えします。
 
 
私がこれまでいろいろなスノボグッズを見てきた中でざっくり見積もった相場観です。参考にしてください。
 
 
ski-lifts-1209812_640
 

板(スノーボード)

板の相場は大体3万円から6万円くらいです。いいものになればもっと高くなりますが、初心者さんが購入するのであれば、それぐらいの相場の板が長く使えて良いと思います。
 
 

ビンディング

ビンディングの相場は1万円から3万円ほどです。ビンディングに3万円投資すれば、デザインも機能性も優れているものが購入できます。
 
たまに板とビンディングがセットで3万円!とかのセールをやっているのを見かけます。昔のモデルで型落ちで安くなっているとかであれば良いのですが、そうではない場合は「とりあえず」使える板としての位置付けで、機能性やデザインはあまり期待できないと思います。
 
 

ブーツ

ブーツの相場は1万円から3万円ほどです。ブーツは滑りを上達させる上では重要な要素となるので、値段だけではなく自分の足に合っているかを確かめて購入するようにしてください。
 
ブーツにかけるお金をケチってしまうと、滑りに影響するのであとで後悔すると思います。
 
 

ウェア上下

ウェアは、上のジャケットが2万円から3万円ほど、下のパンツが1万円から2万円ほどが相場だと思います。
 
耐水圧や通気性、デザインにこだわったウェアだと、もっと金額が高くなってしまいますが、初心者さんがまず購入するのであれば、これくらいの相場感のもので良いと思います。
 
ウェアをケチってやすいものにしてしまうと、耐水圧が弱かったりして、しばらく使っていると水がしみてきてしまったりします。いいウェアは長く使えるのでおすすめです。
 
 

ゴーグル

ゴーグルは1万円から3万円ほどだと思います。3,000円ぐらいのやすいゴーグルもあるのですが、雨や曇りの日は必ず曇りますので、ゴーグルで不快な思いをすると思います。
初心者さんでも、ゴーグルは1万円ほどのものを購入しておくことをおすすめします。
 
 

ニット帽、フェイスマスク

ニット帽やフェイスマスクは、安くても可愛いものがあればそれでいいと思います。大体それぞれ2000円から3000円ほどで購入できるも思います。
 
 

グローブ

グローブは、4,000円から8,000円ほどです。デザインと、形を見て選んで良いと思います。
 
あまり薄くて頼りないものだと、水がしみてきてしまって冷たいと感じてしまうと思います。
 
 

インナー

インナーは機能的なスポーツ用のインナーを購入するのであれば、5,000円から8,000円ほどです。
 
 

プロテクター(ケツパッド)

ケツパッドは、3,000円から8,000円ほどで購入できます。初めのうちはおしりからこけることも多いので、ケツパッドがあれば安心です。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


どのグッズから購入する?

こうやってみると、1万円を超えるものが結構あって、はじめから全て揃えようとすると大変なことがわかると思います。
 
activity-1841153_640
 
 
とりあえずで安いもので全て揃えてしまうよりも、自分が納得したものを少しづつ揃えていく方が良いと思うので、ここでは最低限必要なものについてご紹介します。
 
 

初回のスノボ。

初めてスノボにいく場合には、ニット帽とフェイスマスク、ゴーグル、インナー、グローブは購入をしておきましょう。できればプロテクター(ケツパッド)もあった方が良いです。
 
たまにゴーグルとグローブはレンタルできるところもあります。でも、ゴーグルとしての機能はほとんど果たしていないおもちゃのようなものが貸し出されることが多いです。グローブも誰が使ったかわからないようなもので、たまにとても臭いです。
 
 
できればウェアも揃えていくことをおすすめします。ウェアもレンタルはできるのですが、レンタルのウェアは大体はダサいです。スノボはファッションも楽しみのひとつですが、ダサいウェアで1日過ごすのではテンションは上がらないと思うので、ウェアは自分のお気に入りのものがあった方がいいです。
 
また機能性も不安で、レンタルのウェアはすぐに水がしみてくるので冷たいと感じると思います。
 
 
もし、ウェアを購入する予算がない場合には友達に借りるという方法もあります。
 
初めてのスノボであれば、板やビンディングやブーツはレンタルで良いと思います。まだスノボがどういうものかわからない状態だと思うので、慣れてきたら徐々に購入していけば良いと思います。
 
solden-114730_640
 
 
スノボはお金のかかるスポーツだと言われています。いろんな用品が必要ですし、それぞれが高価なものが多いです。
 
でも、こだわって集め始めるとかっこよかったり可愛いものがとても多くあります。ファッションにこだわって楽しめるようになるととても楽しいので、少しづつ幅を広げていってくださいね。
 

 - スノボ持ち物