スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボ初心者が短期間で上達するためのコツ。


スノボを始めたばかりの初心者さんは、何でこんなに転んでしまうのかとスノボが嫌になってしまうこともあると思います。
 
一度転んでしまうと、立ち上がるのに体力がいるし、転んだ時にはお尻が痛いし。
 
でも、スノボは一度コツを掴んでしまえば、転ばずにスイスイと滑ることができるようになり、どんどん楽しくなってきますよ。最近スノボを始めたばかりの初心者さんも、できるだけ早く上達して、上級者みたいにかっこよく滑れるようになりたいですよね。
 
 
snowboarding-1081887_1280
 
 
ここでは、悩めるスノボ初心者さんに、短期間で上達するためのコツを伝授します。
 
 
 
スポンサーリンク


まずは転ぶ練習をする

snow-630193_1280
 
 
短期間で上達するためのコツと記載しましたが、まずは転ぶ練習をしておくことが大切です。
 
初心者さんは、まったく転ばずに滑り続けるというのはとても難しいことなので、怪我の防止のためにも練習をしておいてください。
 
 
転ぶ際の受け身の取り方は、練習をしておくだけでこけた時の痛みの感じ方が全然違ってきます。転んだ際に腕をついてしまうと、突き指や骨折などの怪我につながってしまうこともあるので、正しい転び方を覚えておくことはとても大切です。
 

転ぶときの心がけ。

前に転ぶ際には、腕をつくのではなく肩を入れて転ぶようにしましょう。そして、後ろに転ぶ際にはアゴを引いて、後頭部を強打しないように気を付けましょう。
 
どうしても転んだ時の痛みがつらい場合には、お尻パッドやひざパッドなどのプロテクターを活用することをおすすめします。
 
 
 
 
スポンサーリンク


木の葉で滑り降りる時のコツ

winter-674430_1280
 
 
まず、初心者さんの滑り初めの基本練習は、木の葉で滑り降りることです。ここでは木の葉で滑り降りる時のコツをお伝えします。
 

ひざを曲げる

「ひざを曲げる」これは、スノボでバランスを取るためにはとっても大切なことなんです。スノボで初心者さんが転んでしまう原因としては、重心が安定しないため、全身のバランスが取れていないことがあります。また、腰が引けてしまって板を操ることができずに転んでしまっていることもあるかと思います。
 
 
そのような場合には、膝を曲げて重心を低くすることで、バランスが取りやすくなります。
 
 
また、膝をしっかりと曲げておくと重心が低くなりますので、急にバランスを崩してお尻からこけてしまう際にも、膝がクッションとなって衝撃が緩和され、お尻を強く打ち付けることがなくなりますので、痛みを軽減することができます。
 
 
 
 

ターンをする時のコツ

次にターンの練習をするときのコツをお伝えします。初心者さんがターンの練習をするときには、下記の2通りのターンを練習することになると思います。
 
 
①木の葉の状態で山に背を向けて谷側を向いた状態から⇒ターンして山側を向く
snowboarders-245181_1280
 
 
 
②山側を向いた状態から⇒ターンして谷側を向く
snowboarders-245182_1280
 
 
特に難しいのは、2つ目の②山側を向いた状態から谷側を向くというターンではないでしょうか。
 
 

スピードが出ても、ひざを曲げてバランスをとる

ここで、また大切になってくるのはひざを曲げるということです。ターンをする際には、木の葉で滑り続けていた時に比べると、瞬間的に出るスピードが速くなります。初心者さんはまずこのスピードにびっくりしてしまって腰が引けてしまってこけてしまうのです。
 
 
腰が引けてしまうことでお尻をついてしまったり、重心が後ろにかかりすぎてしまい板だけが先行してしまって、こけてしまうことがあると思います。
 
スピードに慣れるまでは怖いと感じるかもしれませんが、ひざを曲げてバランスを保つことを意識してください。
 
 

重心の移動を意識する

up-chrobry-1163457_1280
 
 
ターンをする時には、体重移動によって板を回すように意識してください。
 
たまに下半身の力を使って板を回してターンをしている人がいます。それだと足が疲れるだけではなく、エッジが雪に引っかかって転んでしまうことがあります。
 
 
山側を向いた状態から谷側を向くというターンの場合には、つま先側にかかっている体重を徐々にかかと側に移動させていきます。ターンの練習をする際には、広くゆるやかな斜面で大きく弧を描きながら体重の移動を意識して、ターンの練習をするようにしてみてください。
 
 

背中は曲げすぎない

初心者さんは、バランスを取ろうとするため背中が曲がってしまっている人を良く見かけます。背中が曲がってしまうと、板への前後の体重移動がしにくくなってしまうため、転びやすくなってしまいます。
 
背中ではなく、ひざを曲げることを意識してください。
 
 
 
 

まとめ

初心者さんは何度も転んでしまってつらいこともあるかもしれませんが、コツを掴んで体が覚えてくれるようになってくれば、上達のスピードはどんどんあがっていきます。
 
初めの内はくじけずに頑張ってくださいね。
 

 - ゲレンデでの注意