スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボのニット帽と合わせたい髪型は?痛い女にならないメイク術も。


スノボのおしゃれアイテム、ニット帽。
 
特に女性は、ニット帽をかぶるときにどんな髪型にしようか。迷いますよね。
 
 
 
雪山では、髪をケアするという観点ででも、髪型は重要なんです。ふぶいているときなどは、特に要注意ですね。気温が低いと、髪が凍ってしまって痛んでしまいます。
 
 
ここでは、女性のための髪型アレンジ術をご紹介しますね。
 
 
 
スポンサーリンク


ロングヘアーの場合

・何もしない

ロングヘアーをそのまま前にたらしているスタイルですね。
 
晴れている日であれば、良いと思います。晴れていれば、巻き髪も取れにくいですよ。滑っている時にロングヘアーがなびいているのは、素敵に見えます♪
 
でも、天気が悪い日には髪が濡れてしまいますし、凍ってしまうこともあるので注意が必要です。
 
 

・ツインテール

髪の量が多くて、まとまらない場合には、ツインテールにしても可愛いですよ。
 
ニット帽をかぶるので、低めの位置でまとめると良いです。ツインテールは若すぎるイメージもあるかもしれませんが、ニット帽とゴーグルを装着すれば、カジュアルに可愛くなりますので、年齢は問わず大丈夫です。
 
 

・三つ編

ツインテールでまとめた髪をそのまま三つ編にしても良いですね。
 
あまり天気の良くない日などには、三つ編みにしておくことで髪が外気に触れる面積が少なくなるので、傷みにくくなります。また、まとまりやすくなるので髪がばらばらと絡まってきて邪魔になることもなくなります。
 
 

・まとめてニット帽の中に収納

特に吹雪いている日などは、髪を外に出していると濡れてしまいます。氷点下の中で、滑っていると髪が凍ってしまうこともあり、傷む原因となりますので、まとめて収納してしまうと良いです。
 
 

・ひとつ結び

髪を後ろで一つにまとめても、大人っぽくて可愛くなりますよ。ニット帽をかぶるので、低い位置でまとめると良いです。
 
 
 
スポンサーリンク


ミディアム・ショートの場合

そのままかぶるのが可愛いです。
髪をまとめられる長さがあるのであれば、まとめてニット帽の中に入れても良いですね。
 
 
 
 

ニット帽をかぶるときの注意

・前髪、顔の横の髪はほどよく出す。

前髪は、できれば左右に流すほうが良いです。もしくは、上にあげられるのであれば、あげてしまいましょう。前髪があると、ゴーグルをつけるときに邪魔になってしまいます。
 
顔の横の髪については、少し出していたほうが小顔効果が期待できます。ほどよく出しておきましょう。
 
 

・脱ぐときのことも考えて。

ニット帽をかぶるときは、脱ぐときのことも考えましょう。
というのも、ニット帽をかぶっていると、髪に跡がついてしまって変な髪型になってしまうことがあります。上で書いたように前髪をあげるのも良いですが、脱いだときにおかしくならないようにしましょうね。
 
 
ニット帽は、お昼の休憩の際に脱ぐことがあります。また、日帰りであれば、温泉に入れない場合にはそのままの髪で帰ることになります。
 
泊まりの場合にも、ゲレンデの宿の夜ご飯は早いので、お風呂より先にご飯になることが多いです。そのときに髪型が乱れていたらちょっとテンションが下がりますよね。
 
気を付けましょう。
 
 

脱げてもすぐにかぶれる髪型に。

ニット帽が脱げてしまってもすぐにかぶり直せる髪型が理想です。
 
初心者さんは、よく転んでしまい、反動でニット帽が脱げてしまうこともあります。そうなったときに、すぐにかぶれるような髪型にしておきましょうね。
 
 
 

ゲレンデでのメイクについて

ここでついでに、ゲレンデでのメイクについても書いておきますね。「ニット帽とゴーグルとフェイスマスクで隠れちゃうから適当でいいや。」なんて言わずに、油断のないメイクをしておきましょう。
 
 
 
 
ポイントは、崩れない&崩れても汚くならないメイクです。
 
 

・ベースメイク

ゲレンデでは、特に晴れていれば日差しが強いので、日焼け止めはちゃんと塗っておきましょう。
 
雪への反射もあり、晴れの日はとても焼けやすいです。『冬なのに黒い。』ということにならないように、ケアをしておきましょうね。汗や雪で取れてしまうこともあるので、日焼け止めは何度か塗り直すことをおすすめします。
 
 

・ファンデーション

崩れにくいように、薄めにファンデーションも塗っておくことをおすすめします。ファンデーションは、フェイスマスクなどについてしまうこともあるので、あまり塗りすぎないように注意です。
 
 

・アイメイク

目元メイクについては、汗や雪で濡れて崩れやすいところになりますので、パンダ目にならないためにもウォータープルーフタイプのアイラインやマスカラが良いです。アイシャドウについては、崩れてパンダにならない程度に使用しましょう。ラメの入ったタイプなども、雪山に映えるのでいいですよ。
 
 
私はいつも目元強めのメイクにしています。
ニット帽をかぶる際には、ちょっとはっきり目にメイクした方が映えます。過去にはつけまつげもつけていましたが、風で飛ぶし取れかけてしまうこともあるので、やめました。今ではマツエクを愛用しています。
 
アイメイクについては、私は普段からしっかりメイク派なので、スノボの時もしっかりとメイクしますが、ナチュラルメイクの方が好きな人もいると思います。パステル系で可愛い清楚なイメージにしたい場合などは、ナチュラルメイクで良いと思います。なりたいイメージで、使い分けてくださいね。
 
 

・リップ

口元はリップクリームを塗っておくとよいです。UVカットであればなお良しですね。日差しが強いですし、寒いので唇が乾燥してしまいます。カッサカサになって切れてしまったりしないように、ちゃんとケアしておきましょうね。
 
 

・お肌ケア

ゲレンデではお肌が乾燥しやすいので、メイクオフした後は化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿しましょう。仕上げにパックをするのもおすすめですよ。
 
 
 

まとめ

ゲレンデでも、いつでも可愛くいたいですよね。
 
いろんなヘアアレンジを楽しんで、あなたなりのスタイルを見つけてくださいね♪
 
おすすめのニット帽については、こちらでもご紹介しています↓
 

 - スノボウェア