スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボの時にはピアスを外すべき?凍傷や紛失に注意。


普段からピアスをつけている人は、スノボの時にもピアスをつけたい、と思うこともあるかとと思います。
 
またゲレンデでもできるだけおしゃれをしたいからと、ピアスをつけていきたいと思う人もいるかもしれません。
 
 
 
 
でも、スノボはスポーツの一種なので、アクセサリーなどのファッションにおいては気をつけておくべきことがあります。
 
 
ここでは、スノボの時にピアスをつけたいのであれば、注意をしておいて欲しいことをお伝えします。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


ピアスの危険性。

 
 
まずは、スノボの時にピアスをつけていくことで起こりうる危険についてお伝えします。
 
 

耳が凍傷に。

スキー場は気温が低く、山頂では氷点下になっていることは普通にあります。そのような環境の中で、ピアスをつけた状態で長時間滑っていると、ピアスが冷えて耳が凍傷になってしまう恐れがあります。
 
 
ピアスをつけたいのであれば、ニット帽に収納できるサイズ感にしましょう。
 
とはいえ、ニット帽で耳をすっぽりと覆ってしまうのは、シルエットとしてはあまり良いものでないです。おしゃれをしたいという理由でピアスをつけたいのであれば、ピアスは外しておいた方が無難だと思います。
 
 
 

ピアスがひっかかる。

また、ピアスをつけていると滑っているときや転倒した際にスノボウェアやニット帽に引っかかってしまって危険なことがあります。
 
長いピアスはもちろん危険ですし、小さなピアスであってもひっかかってしまうこともあるので、あぶないです。
 
 
また、ピアスが外れて紛失してしまった場合には、雪の中に埋もれてしまうと発見するのは困難になります。大切なピアスなのであれば、なくしてしまわないためにも、外しておいた方が良いと思います。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


どうしても外せない場合。

ピアスの穴を開けたばかりで、外してしまうと穴が塞がってしまうかもしれないという理由で外せないこともあるかと思います。
 
その場合には、失くしても問題がないようなピアスで、樹脂製のものをつけておくことをおすすめします。
 
 
そして、スノボはハードなスポーツであるということを忘れないようにし、転倒時などにもピアスによって怪我をしないように気をつけるようにしてください。ニット帽を着脱する際にも、引っかからないように注意が必要です。
 
 
スノボファッションにこだわるのは良いことだと思いますが、怪我なく過ごせるのが一番ですので、気をつけてゲレンデを楽しんでください。
 

 - ゲレンデでの注意