スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボでスマホは持ってく?水没や紛失に注意。


スノボでゲレンデに行くときに、スマホを持って行くかどうか、特にまだゲレンデに慣れていない初心者さんは迷うところだと思います。
 
 
iphone-500291_640
 
 
スマホで写真は撮りたいけど、雪で水没したり落として紛失したら困る…
 
でも、スマホがないとゲレンデで他の仲間とはぐれてしまったときにも、連絡が取れなくなってしまうのでとても不便です。
 
 
ここでは、ゲレンデにスマホを持って行くときに、水没や破損、紛失をしないための注意と対策をお伝えします。
 
 
 
 
スポンサーリンク


水没を防止する。

雪が降っていたり、気温が高くて雨が降ってしまっている日には水没に注意が必要です。晴れている日でも、雪で濡れた手や手袋でスマホを扱っていると水没してしまう可能性もあります。
 
 
iphone-518101_640
 
 
初心者さんで、レンタルのウェアを借りようとしている場合には特に注意が必要です。レンタルのウェアは防水加工や撥水加工が弱ってしまっていることがあり、ウェアの中まで水がしみ込んできてしまう恐れがあります。
 
 
そうなると、ポケットの中に直接スマホを入れていると水没の危険性があります。慣れていなくて転んでしまう回数が多い場合にも、ウェアはビショビショになってしまうことが考えられます。
 
スマホを水没から守るためには、スマホ用の防水ケースに入れておくと安心です。防水ケースはネットでも安くで入手できます。
 
 
 
 
スポンサーリンク


破損を防ぐ。

スマホに強い衝撃がかかってしまうと、画面などが破損してしまうことがあります。
 
スマホを入れているポケットの部分から転んでしまったりした場合には、破損の恐れがあります。
 
 
スマホを破損させないためには、できるだけ衝撃がないと思われるポケットに収納しておくことをおすすめします。ウェアのパンツのポケットに入れてしまうと、転倒してしまった際に衝撃がかかることがありますので、できるだけジャケットの胸ポケットとがに入れるのが良いです。
 
また、かさばるのが嫌ではないのであれば、タオルなどに包んでからポケットに入れておくと、衝撃が吸収されます。
 
 
 
 

紛失を防ぐ。

ポケットに入れておいたはずのスマホがない!というのは本当にショックだと思います。
 
 
スマホの紛失は一気に気分が萎えてしまいますよね。でも、ゲレンデでのスマホの紛失というのは結構多いんです。
 
私の友人でも、一緒にゲレンデに行って3人は無くしているのを見ました。そのうち1人は奇跡的に見つかりました。
 
 
instagram-1474231_640
 
 
スマホの紛失を防ぐためには、チャックやマジックテープなどで口を閉められるポケットに収納することが大切です。口が開いているポケッとに入れておくと、転倒した際などにほぼ確実にスマホはポケットの外に出てしまいます。
 
スマホの紛失を防ぐためにも、滑り出す前にはすべてのポケットのチャックが閉まっていることを確認する癖をつけるようにしましょう。
 

 - ゲレンデでの注意