スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

3月になってもスノボやスキーはできるの?服装は?


スノボやスキーのシーズンはできるだけ長く楽しみたいものですよね。
 
3月になって気温が上がって来ると、まだ滑れるのかな?雪が融けてなくなっていたらどうしよう。って不安に思うこともあるかと思います。
 
snowboard-674700_1280
 
 
ここでは、3月になってもスノボやスキーはできるのかという疑問にお答えします。
 
 
 
スポンサーリンク


3月のスキー場の様子

3月になっても、スキーやスノボができるスキー場は多いです。ただしスキー場の場所や標高、積雪量によって状態は変わってきますので、注意が必要です。
 
関東近郊のスキー場は、雪融けが早い傾向にあります。一方で北海道や山形、長野などのスキー場は、遅い時期までオープンしているところが多いです。
 
 

3月上旬

3月上旬であれば、ほとんどのスキー場で1月~2月と変わりなく雪がしっかりと積もっています。雪が降ることは減りますが、雪が融けて地面が出ていることもないので、問題なく楽しむことができます。
 
この写真は、新潟県のスキー場での3月上旬の写真です。コースには雪がしっかりと積もっていましたし、雪が融けてアイスバーンになってしまっていることもなかったです。
 
 IMG_8912
 
 
 
IMG_8904
 
 
 

3月中旬

徐々に気温が上がって暖かくなってくるため、雪が融けてきてしまいます。場所によっては、一度融けた雪が固まってアイスバーンになってしまっているところもあります。
 
 
 

3月下旬

3月も終わりの頃になれば、スキー場の雪が徐々に融け始めてきてしまうところもあります。
 
この写真は長野県の3月下旬のスキー場の様子です。ここのスキー場は、標高があまり高くない位置にあるので、雪融けが早く地面が見えてしまっているところがありました。
 
 
メインのコースは問題なく滑ることができましたが、雪は悪くなっていてシャバシャバとした状態でした。
 
 
IMG_9888
 
 
 
IMG_9851
 
 
ただし、長野でも標高が高い地域では、3月の下旬や長いところでは5月まで春スキーを楽しむことができるスキー場があります。
 
 
スキー場によって状態は異なりますので、雪が多く残っている方が良いということであれば、北海道や東北や長野や新潟などの、標高が高く積雪量の多い地域のスキー場を選ぶようにして下さい。
 
 
 
 
スポンサーリンク


3月のスノボの服装

3月のスノボの服装については、3月上旬はまだ寒いので1月や2月と同様の防寒性のある服装で行くことをおすすめします。
 
 
3月も下旬に近づいてきて、気温が上がってきたら春スキー向けの服装でおしゃれを楽しむのも良いかと思います。
 
春スキーを楽しむ際の服装については、こちらの記事でもご紹介しています。
 
 
春スキーの時期には天候が良くなり、晴れている日が増えてきますので、ファッション性にもこだわった服装ができるようになりますね。
 
 
 
 

まとめ

3月になっても問題なく滑ることができるゲレンデが多いので、まだまだスノボを楽しむことができます。
 
3月後半になって雪が減ってきたらさみしくなってきますが、まだまだゴールデンウィーク付近まで滑ることができるスキー場もあるので、スノボシーズンを長く楽しんでくださいね。
 

 - 春スキー・スノボ