スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボツアーのバスが遅れたときの旅行会社の対応について。


スノボ旅行に出かけるときには、夜行バスや日帰りのツアーバスを利用して移動する人も多いと思います。
 
 
 
私自身もこれまでスノボ旅行に行く際には、バスツアーが安くて手軽に行けるので、何度もバスツアーを利用してきました。
 
ただ、バスツアーに参加する際に心配なのは、交通渋滞によるバスの到着時間の遅れではないでしょうか。
 
 
ここでは、これまで私が参加したバスツアーの経験からバスの到着時間が遅れたときの対応についてご紹介します。あくまでも個人の経験に基づくものなので、参考程度に見てください。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


現地への到着時間の遅れ。

 
 
まず、バスツアーで移動する際には、現地への到着時間の遅れが生じることがあります。
 
 
特に、12月下旬から3月上旬のシーズンの土日のツアーに参加する場合には交通渋滞にはまりやすく、到着時間が遅れる傾向にあります。
 
また、事故が発生してしまっていて事故渋滞になっている場合にはなかなか車が動かずに、大幅に到着時間が遅れてしまうことがあります。
 
 

返金などの対応について。

もし渋滞などにはまってしまって到着時間が遅れた場合には、旅行会社側で返金などの対応はなく、現地で滑ることができる時間が短くなるだけ、というのがこれまで参加したツアーでの対応でした。
 
いくつかの旅行会社のツアーに参加していますが、すべての旅行会社において同様の対応です。
 
 
これまでの経験では、交通渋滞によってツアーの旅程表に記載されている時間から最大で2時間ほどの遅れがありました。ハイシーズンの土日のツアーに参加するのであれば、それぐらいの遅れは発生する可能性があるということを覚悟の上で参加することをおすすめします。
 
 
日帰りで行く場合には、現地で滑れる時間が短くなってしまうことがあるので、注意が必要です。
 
ツアーを実施している旅行会社のホームページの中でも、バスの遅れに対する対応については記載がされていると思うので、心配な場合は確認するようにしてください。
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


帰着時間の遅れ。

 
 
バスツアーで移動するときには、帰りの帰着時間が遅れてしまうこともあります。
 
 
帰着時間が遅れてしまう原因は、行きと同様に、交通渋滞や事故渋滞などがあります。
 
一般的なバスツアーに多いのは、関東発であれば、夕方にスキー場を出発して、21時に新宿に着というものだと思います。また、関西発であれば、夕方にスキー場を出発して、翌日の朝に大阪や京都に到着というツアーが多いです。
 
 

終電には注意。

私は関西と関東のどちらにも住んでいたことがあるので、両方のツアーを利用したことがあり、その経験に基づいてお伝えします。
 
関東発で夜に新宿に到着というツアーの場合、渋滞などにはまってバスが遅れると、新宿からの終電がなくなってしまう場合があります。過去に参加したバスツアーで、事故渋滞のため終電がなくなったときは、自腹でタクシーで帰宅しました。千葉に住んでいる友人はタクシーで帰るとお金がかかるので、東京に住んでいる友人の家に泊めてもらっていました。
 
 
土日でバスツアーに参加して翌日に仕事がある場合などは、日曜日中に帰宅したいと思いますので、あまり頻繁に起こることではないと思いますが、バスが遅れる可能性も考慮しておいた方が良いです。
 
 

朝着が遅れることも。

また、関西発のツアーの場合には、朝に到着の予定になっていても遅れるケースもあります。夜中なのであまり渋滞にははまりにくいのですが、事故などがあれば遅れてしまいます。
 
 
これまで参加した関西からのツアーでは、遅れたのは一度だけですが朝に到着予定というものが、昼過ぎに到着となったことがありました。夜行バスで疲れていることもあると思うので、スノボツアーの次の日はあまり早い時間から予定を入れない方がいいかもしれません。
 
 
 
 
 
 

まとめ

スノボバスツアーは、安くて手軽に行けますし、予約も楽なのでおすすめですが、バスの時間が遅れてしまうというリスクもあります。
 
遅れた場合に焦らないためにも、遅れる可能性もあることを考慮した上で行動するようにしましょう。
 
スノボ旅行を楽しんできてくださいね。
 

 - スノボ準備