スノボ初心者のための「ゲレンデの楽しみ方♪」

スノボ初心者さんが「スノボ大好き!」になるために、わかりやすく情報をまとめました。おしゃれなファッション、ゲレンデマジック、温泉、グルメなど、スノボには滑る以外にも楽しみがいっぱいですよ。

*

スノボの板は何回めで買うべき?初心者が板を購入するタイミングについて。


最近スノボを始めたばかりとか、これから始めようとしている初心者さんにとって悩ましいのは、どのタイミングで板やビンディングを購入しようか?ということだと思います。
 
 
snowboard-674700_1280
 
スノボ用品は、板だけではなくブーツ、ウェア、ゴーグル、グローブ、帽子、フェイスマスク(ネックウォーマー)…など、必要なものをあげるときりがなく、一気に全てを揃えようとすると大変な出費になってしまいます。
 
 
ここでは、スノボの初心者さんが板やビンディングを購入するタイミングについて書いていきます。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


板は何回目のスノボで購入する?

まず、板やビンディングは何回目のスノボで購入すべきか?ということについてです。
 
 
tyrol-69661_640
 
 
初めてのスノボに行くにあたって、板やビンディング、ウェアなどを全て揃えてしまう人がいますが、私はそれはあまりおすすめしません。
 
 
板やビンディングについては、2回目以降で揃えれば良いと考えていて、1番初めのスノボで必須で揃えるべきものは、帽子とフェイスマスク、グローブだと思います。そして可能であれば、できる限りスノボウェアも揃えておきたいところだと思っています。
 
板やビンディング、ブーツについては2回目以降で揃えても良いと考えています。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク


板やビンディングが2回目以降で良い理由は?

なぜ板やビンディングは2回目以降で良いと考えいるかについては、いくつか理由があります。
 

2回目以降もいくとは限らない。

まず、(これはスノボ好きとしては悲しいことなのですが)必ずしもみんながスノボにはまって2回目以降もゲレンデに行くとは限らないから、ということがあります。
 
 
dog-1798158_640
 
 
スノボは、特に初心者さんにとってはとてもハードなスポーツです。初めのうちはなかなか雪面に立つこともできないし、上手く滑れずに転んでばっかり…何も面白くない!そう感じてしまう人もいると思います。
 
特に女性はすぐに滑ることができないし人も多く、1回目のスノボで脱落してしまう人は少なくありません。
 
 
板やビンディングは購入すると結構高価な買い物になります。スノボに一度も行ったことがない状態で購入してしまうと、やっぱりあまり使わなかったと後悔してしまうこともあります。
 
 

雰囲気がわからない。

一度もゲレンデに行ったことがない状態だと、ゲレンデの雰囲気はわかりません。スノボがどういうスポーツかもわからない、そんな状態で板を選んでも、自分にあった板を見つけることは難しいと思います。
 
 
板の機能的な部分もデザイン的な部分も、一度ゲレンデに行って、ゲレンデの雰囲気を感じてみないとわからないことも多いと思います。
 
板やビンディングは滑りのスタイルを決める上ではとても重要な要素となります。何も知らない状態で購入するよりも、少しスノボのことをわかってきたタイミングで購入したほうが、自分にあった板を選ぶことができます。
 
 
 
 
 

ブーツ選びも重要。

そして、スノボグッズを揃え始めた人に言いたいことは、「ブーツ選びはとても重要」ということです。
 
 
fun-socks-1179312_640
 
 
スノボグッツを揃えていく中では、スノボウェア、ビンディングや板選びに集中してしまって、ブーツ選びを疎かにしてしまう人が意外と多い印象です。でも、ブーツは滑りを上達させる上ではとても重要な役割を担っていて、ブーツが足にあっていないと、板にうまく力が伝わらなかったり、足が痛くなったりということにつながってしまいます。
 
自分の足に合ったブーツを選ぶことは、スノボの滑りを上達するためにも、快適にスノボを楽しむためにもとても重要です。
 
 
「板とビンディング」か、「ブーツ」かどちらを先に購入するか?ということを迷ったのであれば、まず先にブーツを購入することをおすすめします。それぐらい、ブーツ選びはとても大切です。
 
 
 
 
 

板を購入する際の注意。

スノボにある程度慣れてきたら板選びをしてほしいのですが、板を購入する際にいくつか気をつけてほしいポイントがあります。
 
 
まず、板を購入する場所ですがネットなどで購入するのではなく、お店に行って店員さんとも相談しながら実物を見て購入することをおすすめします。ネットでみて板のデザインだけで決めてしまって購入するのは良くないです。
 
 
また、ブーツやビンディングを持っているのであれば、それに合わせた板を購入する必要があります。まれにメーカーが違うと、ビンディングのネジが合わずに装着ができないということがあります。また、ブーツのサイズと合わせて板の幅を選ぶ必要があるので、すでに持っている道具との相性も見ながら検討をするようにしてください。
 

 - スノボ板